介護の現場から一言

神奈川県で介護の仕事をしてるFが日ごろ思っている介護についての思いを語ります。

名称の変更

最近障がい者って記述を目にする

害っていう字が差別になるから?

本当は障碍者っていうらしいけど…

この件は難しくてわかりません。

 

私が福祉の仕事に就いて大きく変わった名称

2つあります。

精神薄弱知的障害

痴呆症認知症

 

大学時代には精神薄弱概論なんて授業があった

高齢者問題なんて全く無かったので

施設実習は主に精神薄弱児(者)施設だった

1990年頃に法律的にも知的障害になった

知恵遅れがやっと障害者になれた

と障害者を喜んだ記事を見たこともあります。

 

痴呆症認知症に変わったのは

高齢者施設に勤めていたのでよく覚えています

痴呆が差別や偏見を助長するニュアンスがあるとして

2004年に厚生労働省の用語検討会によって

「痴呆」の語が廃止され

認知症」に置き換えられました。

あの頃、認知症認知症の間違いじゃないの?

なんて記事も見た覚えがあります。

確かに不認知ですが…

私は痴呆症って言葉は嫌いじゃなかったので馴染めなかった

 

意味は無いけど、なんだか

認知症のおばあちゃんよりも

痴呆症のおばあちゃんの方が好きです

 

f:id:itsukofumiaki:20170620054946j:plain