介護の現場から一言

神奈川県で介護の仕事をしてるFが日ごろ思っている介護についての思いを語ります。

小規模多機能型居宅介護 その4 通いサービスについて その1

小規模多機能型居宅介護

その3では利用定員について書きました

 

 登録定員とサービスの利用定員については

理解できたでしょうか?

もし分らなければ質問お待ちしてます

 

今日からは通いサービスの特徴について書いていきます

 

デイサービス等と比べて一番大きな違い

サービス提供時間が決まってない

提供時間が決まってない?

どういう事?

 

一般的なデイサービスのサービス提供時間は

9:30~16:30等 7時間位のところが多いです。

※以前は10:00~16:00等の6時間が一般的でしたが

 提供時間が5~7時間、7~9時間に変更になったので

 7時間位の所が一般的になりました。

 

デイケアは昔のまま4~6時間、6~8時間なので

 10:00~16:00等の6時間が一般的です

 

例えば介護度3なら

サービス提供時間7時間以上9時間未満の場合

1回 898単位

って決まってます。

サービス提供時間が7時間より少ないと

5時間以上7時間未満 1回 780単位

削られてしまいます。

また、もっと長くなると延長で単位が決まってますが

実際に延長で対応してくれるデイサービスは少ないです。

 

小規模多機能型居宅介護

ひと月定額制なので

何時間何単位がありません。

何時間居ても料金は変わりません

 

利用者の希望時間に合わせて

サービスを提供出来ます。

送迎車を出せる時間が決まっている小規模が多いので

(殆どは8:30~17:30は可能)

何時でも送迎して利用できる訳ではありませんが

家族の送迎でなら何時でも対応できます。

 

評判が良いのは

仕事行く途中に行くので7:30~

仕事終わって迎えに行く19:00までお願いします

こんな使い方が可能なんです。

昼食代と、もし夕食も食べて帰るなら(可能です)

夕食代もかかりますが

介護保険の追加はありません

 

これは、私が大好きな小規模多機能型居宅介護の

利用方法の一つです。

 

賛同してくれる人や反対意見の人も

コメントお待ちしてます

f:id:itsukofumiaki:20170605102039j:plain