介護の現場から一言

神奈川県で介護の仕事をしてるFが日ごろ思っている介護についての思いを語ります。

介護保険制度の見直し、改正法が国会で成立

今日は土曜日なので

小規模多機能型居宅介護の話題は

ちょっとお休み

 

先日平成29年5月26日の国会で成立した

改正介護保険関連法について書いてみます

 

 

いつから何が変わるかチェックしてみましょう

 

自己負担3割を導入

2018年8月

 

自己負担の上限額の引き上げ

2017年8月

 

総報酬割の導入

2017年8月から始めて2020年までに移行

 

共生型サービスの創設

2018年度から導入

 

地域共生社会の理念を明記

今回理念を書き足し

 

介護医療院の創設

2018年4月から

 

有料老人ホームの監督を強化

現在の監督を強化

 

小規模デイの参入規制

2018年度

 

保険者機能の強化・地域マネジメントの推進

2018年度

 

地域包括支援センターの強化

現在のものを強化

 

認知症施策の推進

現在のものを強化

 

いきなり羅列してもさっぱり分かりません

 

少しずつポイント考えてみましょう

 

自己負担3割を導入

については先日書いたので今日は

 

 

自己負担の上限額の引き上げ

のポイント考えてみます

 

介護の出費が生活を圧迫し過ぎないように作られた

「高額介護サービス費」見直しです。

利用者の所得などに応じて自己負担に一月あたりの上限額を定め

それを上回った分を後から払い戻してくれる仕組みです

今まで月37,200円の上限額が7,200円引き上げ

今年8月から月44,400円になります

今まで戻ってきてた人も、これから戻らなくなる人も

出てきてしまいますね

厳しい見直しです

他の項目は後日一つずつポイント見ていきます

 

賛同してくれる人や反対意見の人も

コメントお待ちしてます

f:id:itsukofumiaki:20170603090413j:plain