介護の現場から一言

神奈川県で介護の仕事をしてるFが日ごろ思っている介護についての思いを語ります。

小規模多機能型居宅介護 その3

小規模多機能型居宅介護

昨日は料金について書きました

いきなり金額書かれてもどんな使い方で

メリットは?デメリットは?

そんな事が理解できてから料金でも良かったんだけど

興味がある人が多かったので…

とりあえず、サービスを使った回数で料金が決まるのではなく

一月定額で通い・訪問・宿泊を組み合わせて使える

その事だけでも理解してもらえたら嬉しいです

 

今日は利用定員について書いていきます

 

登録定員    29

通いサービス  18

宿泊サービス  9

訪問サービス  登録者に対して

 

これだけ書いてもなかなか分りませんね

 登録定員29名と書いてあるのは

施設と契約出来る在宅に居る人の人数です。

29名の方が通い・宿泊・訪問のサービス受けられます

 

通いサービスは一日に18名しか利用できません

29名全員が一度に通いサービスを受けられる訳ではありません

それから宿泊サービスを受けている方は

日中通いサービスを受ける人数に入ります。

例えば宿泊者が5名居たら

通いは13名までしか受けられません

ですから通い定員18名は

一日に施設を利用出来る人数18名と同じ事になります。

小規模多機能型居宅介護在宅で生活している方への

サービスなので毎日施設を使うサービスではありません。

 

29名登録していて一日18名しか使えない

一人が一週間に施設を使えるのは4日くらい

一か月に施設を使えるのは18日くらいの計算になります。

施設に来ない日は家でゆっくりしていたり

訪問サービスを受けたりできます。

上記の計算は平均なのでもっと少ない人や

もっと多い人もいます

 

小規模多機能型居宅介護の使い方

少しは分かってきましたか?

分りづらいところは質問してくれれば

詳しく説明します

 

次回はサービス毎に説明したいと思います

 

賛同してくれる人や反対意見の人も

コメントお待ちしてます

f:id:itsukofumiaki:20170602101040j:plain