介護の現場から一言

神奈川県で介護の仕事をしてるFが日ごろ思っている介護についての思いを語ります。

まだ決められない、明日、投開票日です

f:id:itsukofumiaki:20171007212425j:plain

いよいよ明日ですが

全然誰に入れるか決まらない

介護に力入れた政党出てこないかな

雨が心配だけど

みんな投票に行きましょう

f:id:itsukofumiaki:20171015111906j:plain

 

デイサービスは関西が熱い!?

今回、あらたに

関西デイサービス協会

設立されました

 

デイサービス事業者が相互に連携を図り

在宅介護サービスの柱の1つである

デイサービスの未来に希望

の持てる取り組みを

関西から発信することを

目的に設立されました

 

早速総会もあるようです

関西デイサービス協会設立総会

11月25日(土)17時開演

会場 ATCエイジレスセンター

 

国際医療福祉大学院教授

竹内孝仁教授

※自立支援介護のパイオニア

 

 

内閣官房健康・医療戦略室参事官補佐

前川弘介氏

 

関西デイサービス協会会長

株式会社ポラリス代表取締役

森剛士氏

 

各氏の講演もあるようです

 

関西パワーあるね~

 

f:id:itsukofumiaki:20170620054946j:plain

介護関係団体、次期改定へ署名協力を要請

以前にも署名のブログ書いたけど

また署名協力のブログです 

www.itsukofumiaki.work

 介護関係団体が13日に記者会見を開いた

全国老人保健施設協会

東憲太郎会

「事業者、専門職、利用者など関係者で

 一致団結して介護の現場を守るよう訴えたい」

と広く協力を要求

 

日本認知症グループホーム協会

河崎茂子会長

「我々は瀕死の状態まで至っている

 現場の苦しい状況をありのまま

 広く国民に訴えていきたい」

 

日本介護福祉士会

及川ゆりこ副会長

「介護をより魅力ある職業とし

 さらに多くの人材に来ていただけるように

 するためにも協力していく」

 

多くの協会が手を取り合って

記者会見は本当に切羽詰まっていて

厚生労働省に声が届くことを祈った

 

f:id:itsukofumiaki:20171018101156j:plain

 

 

徘徊・転倒防止の新アイテム登場。今、注目を集めてます。

在宅でも施設でも

認知症の方のベッドから1人での

(介護者が見てないところでの)離床

そして転倒は大きな問題です

 

今まではベッドセンサー(マットセンサー)

が主流でした。

 

ベッドセンサーの難点は

体重移動で反応するため

体重が軽いと反応しなかったり

寝返りするたびに鳴ったりと

誤報等が多い事と

直にセンサーの上に寝ているので

(マットやシーツはあるけど)

失禁等で濡れた時に故障したすい

 

今回開発された新アイテムは

非接触式離床センサー「ルナナース」

 

寝返りでは反応しない設定や

起床・端坐位(ベッドに腰掛ける状態)等の

利用状態に応じた設定も出来て

誤報が少ない

接触式ではないので

故障も少ない

 

今までのベッドセンサーの問題点が

解消されているセンサーです

 

 2017年6月から

介護保険レンタル対象商品にもなって

これからどんどん活用されるセンサーだと思います

 

f:id:itsukofumiaki:20171018085657j:plain

介護の世界にも人工知能が参入、ケアマネ必要なくなっちゃうかな?

損保ジャパンの親会社

SOMPOケアグループは

ケアプランを提案する人工知能の開発

参画すると発表がありました。

 

利用者の心身の状態をもとに

AIがケアプランの原案を自動で生成する

システムの普及を目指している

 

まだまだ実用的ではないようですが

「自立支援につながるマネジメント

 の実現を目指す」

「一人一人に適した

 『カスタムメイドケア』

 を実現していく」

等の意欲を見せている

 

AIがケアプラン立てられるようになったら

本当にケアマネいらなくなるんじゃないかな?

 

f:id:itsukofumiaki:20170726182429j:plain

 

衆院選 しっかり介護について考えてくれる政党は何処なんだろう?

いよいよ衆院選の投票日が

一週間後になりました

 

基本的に選挙には必ず行ってます

今回も誰に投票するか悩んでます

 

介護について

しっかりした考えをもった人がいれば

介護について政策を打ち出す政党があれば

期待して投票するんだけど

 

今のところ見つかってません

 

誰に投票するか悩んでます

f:id:itsukofumiaki:20171015111906j:plain

 

介護現場の声が、しっかり国の政策に届きますように

全国老人福祉施設協議会(老施協)

が10月5日に

介護報酬改定にむけて

「決起セミナー」を開いた

 

来年度の介護報酬改定も

マイナス改定になる見込み

 

各サービスの利益率

訪問介護5.5%

通所介護6.3%

入所施設2.5%

訪問介護通所介護

「比較的高水準」と認識されている

5.5%や6.3%が高水準?

これらの在宅サービスは

マイナス改定の的にされてしまいそう

 

入所施設は 2.5%で

赤字施設は全体の33.8%

もう事業として成り立たないですよね

 

「もはや限界。プラス改定がなければ

 サービスの維持も困難」

「断固としてこれ以上の

 マイナス改定を許してはいけない」

 

老施協の石川会長は参加者に

「今後の決戦を必ずや勝利に導けるよう

 どうか協力をお願いしたい」

と呼びかけて

 

「頑張ろうコール」

と共にこぶしを振り上げた

 

f:id:itsukofumiaki:20171013085524j:plain